成分で比較!おすすめキャットフードランキング

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

【成分を独自比較】安全で本当に良いキャットフードランキング【300種超】

  安全で本当に良い【Sランク】キャットフード

→ 本当に良いキャットフードの選び方と
【Aランク】キャットフード

  ランキングの詳細な評価基準

意外と知らない⁉ 本当に良いキャットフードの選び方

ここでは、キャットフード選びの基本となる知識を紹介していきます。

「もう知っているよー」という方は、読み飛ばしてください。もし興味があれば振り返りも含めて、再度基本的なキャットフードの選び方について学んでいきましょう。

意外と知らない、分析試験と給与試験についても解説

目的別の4種類の選び方とタイプ別の4種類の特徴

キャットフードの種類には目的別に4種類タイプ別に4種類あり、大きく分けて8タイプもの種類が存在。

しかも安価なキャットフードの原材料には、猫の健康にとってあまり良くない原材料が使われていることさえもあり、キャットフードを選ぶためにはしっかりとした知識が必要になります。

初めての方は、愛猫のためにも勉強していこう

すぐにおすすめキャットフードを見る

メインのごはんを探している場合は「総合栄養食」

目的別で選ぶキャットフードの種類

毎日のメインの食事として与えるキャットフードを探している場合は、「総合栄養食」と表示されているキャットフードを選ぶようにしましょう。

総合栄養食と表示されているキャットフードは、ペットフード公正取引協議会が定める試験の結果に基づき、特定の成長段階の猫が健康を維持することが可能であると証明されています。

総合栄養食を選んでおけば、まずはOK!

分かりやすく言うと、総合栄養食と表示されているキャットフードは「そのフードと水だけ」で猫の健康を維持できるということです。

豆知識

総合栄養食の判定をしている検査は「分析試験」と「給与試験」

総合栄養食の証明を行っている検査には「分析試験」と「給与試験」があります。

分析試験はAAFCOの基準に該当しているかを、成分分析によって行い、分析費用は掛かりますが比較的簡単に行うことができるのが特徴です。

一方で給与試験は準備に時間がかかり試験期間も長いため、あまり実施しているメーカーが少ないのが現状です。しかしその証明性は高いと言われています。

なぜかというと、AAFCOが独自に定めているAAFCO給与プロトコール(給与試験)にクリアしていれば、AAFCOの栄養基準をクリアしているかは問わないとされていて、「分析試験 < 給与試験」であることが分かります。

少し難しい話になりましたが、できれば「給与試験をクリア」と表示されているキャットフードの方が、より安全性は高いと言えるかもしれません。なんにせよ実施しているメーカーが少ないため、あまり見かけることは無いかもです…。

すぐにおすすめキャットフードを見る

タイプ別の種類は主に「ドライかウェット」

キャットフードの形状別のタイプには、「ドライ・ウェット・ソフトドライ・セミモイスト」の、4つのタイプがあります。

しかし、ソフトドライやセミモイストを製造するのに必要なプロピレングリコールが、猫にとって有害なため使用できません。

そのため現実的にはあまり出回っていないので、選択をするとすれば「ドライかウェット」の2択になるでしょう。

ドライは傷みにくい、ウェットは嗜好性アップ

タイプ別で選ぶ

↓主な特徴をまとめた内容がこちら。

種類水分量価格種類
ドライ~12%以下程度安め非常に多い
ウェット70%~95%程度高め多い
ソフトドライ25%~35%程度普通少ない
セミモイスト

ドライフードの特徴

水分量が12%以下程度の固形状になったキャットフードのことを言います。

水分量が少ないため保存性に優れ、ウェットタイプに比べてコスパにも優れていますが、風味はウェットタイプには劣るため、目的に応じて使い分けることが重要です。

ウェットフードの特徴

水分が70%~95%程度あり、アルミやレトルトパウチの包装されているキャットフードです。

水分量がとても高いため、水分補給も同時に行えますが、ドライタイプに比べて高価格な商品が多く、維持費が多くかかる傾向にあります。

ドライフードとウェットフード、それぞれメリットデメリットがあるので、それぞれの特徴をよく理解して選ぶようにしましょう。

愛猫の好みも大切にしてくださいね

キャットフードの詳しい種類と選び方

キャットフードの4つの種類と基本的な選び方
知らないと…健康リスクが高くなるキャットフードの特徴と種類の選び方

続きを見る

すぐにおすすめキャットフードを見る

無添加を選べばより安心だけど注意点もある

無添加と書かれていると、「安心だね」と安易に思ってしまいがちですが、グレインフリーと同様に、しっかりと添加物の内容を確認する必要があります。

確認をしないと、「無添加なのに添加物が入ってる…」なんてことになりかねません。

「無添加=完全不使用」ではない点に注意!

「無添加」という表記だけに惑わされないようにしてください。

無添加表記は成分表記を確認して購入する

キャットフードの種類は様々ありますが、「香料不使用」、「着色料無添加」などの猫の体への影響が気になる添加物を、使用していない商品があります。

ただ無添加キャットフードにも表示に関する注意点があり、無添加と表示されていたので安心していたら、香料や着色料が使用されていたなんてことになってしまうかもしれません。

ポイント

無添加でも添加物の内容は要確認!

無添加だと過信しすぎないようにして、正しい知識を持って良質な無添加キャットフードを選択すれば、より安全なキャットフードを選ぶことができます。

正しい知識を持って無添加キャットフードを選択していきましょう。

知らなかったでは済まない…、愛猫のために確認しよう

無添加キャットフードはこちらの記事で解説しています。

無添加=安全とは言い切れない|無添加キャットフードの選び方とメリットデメリット

続きを見る

すぐにおすすめキャットフードを見る

安易に「グレインフリー」というキーワードで決めない

最近は「グレインフリー」という言葉をよく耳にすることがありますが、安易に「グレインフリー=良品」と判断すると、粗悪な原材料を使用している商品をつかまされるかもしれません。

盲目で選ぶことは危険、しっかりと調べることが大切

グレインフリーは特徴の一つである

最近は「グレインフリー」というキャットフードが話題となっていて、猫の体に良いキャットフードという認識が浸透していますが、この認識は半分合っていて、半分は間違っていると言えます。

実は、グレインフリー自体はただの「穀物が不使用」という事実であり、人の食物で例えると「卵は不使用」や「大豆不使用」などがあげられます。

愛猫に合った種類を選ぶことが大切です

注意点

グレインフリーはただの穀物不使用

人の食物で例えると、「卵は不使用」や「大豆不使用」と同じ

これらは単純に「アレルギーがある人」への注意喚起であり、この商品が良品だよという証ではありませんが、グレインフリーのキャットフードに良品が多いというのも間違いではありません。

なぜかというと、必然的に「猫の食性に合った動物性タンパク質が多くなる」からです。そのため「グレインフリーは良品」、この認識は半分合っていて、半分は間違っていると言えます。

すぐにおすすめキャットフードを見る

子猫やシニア猫に合わせたキャットフード選び

じゃれ合う2匹の子猫

キャットフードを選ぶ時、何となく選んでいませんか?

実は、猫は「年齢によって必要な栄養素が違う」ということをご存じでしょうか。

子猫は成猫に比べて栄養素が全体的に多く必要で、シニア猫はエネルギー量よりも、腎臓などの内臓のケアを優先する必要があるんです。

人間と同じで、年相応の栄養素があるんだね

そして年齢別に売られているキャットフードは、ちゃんと年齢ごとに必要なエネルギー量と栄養素に調整されていて、年齢に合わせたものを与えなければなりません。

大体でいいんでしょ」「食べればみんな一緒」こんな声が聞こえてきそうですが…。

確かに、食べればみんな一緒だし、成猫用フードをシニア猫が食べてからといって、何の問題も起きないことがほとんどでしょう。

しかしここで問題なのは、今日や明日のことではなく、一年後や二年後に愛猫の健康に変化が起きているかもしれないということです。

未来は、現在の行動の結果ということだね

シニア猫にとって必要以上の栄養素は内臓への負担となり、いつの間にか腎臓病を発症してしまっているなんてことがあるかもしれません。

やっぱり愛猫には、健康で長生きしてほしい、できるだけ長く一緒にいたいと思うのが当たり前でしょう。そしてそれに必要なことは、年齢に合ったキャットフードを選んであげるということです。

愛猫のためにも、しっかりとしたキャットフード選びをしていきましょう!

すぐにおすすめキャットフードを見る

子猫には「子猫対応」のキャットフードを与える

子猫は必要なエネルギー量が多く、栄養素も成猫の2倍近くも必要になります。そのためしっかりとしたキャットフード選びが必要になります。

成猫用キャットフードでは子猫の成長に必要な栄養素が不足している可能性があり、成長や発育に悪影響を与える恐れがあります。

また、子猫の未熟な消化器官に適さない成分や形状の場合、消化不良を引き起こすことがあります。

成長盛りでたくさんの栄養量が必要なんだ

さらに、適切なカルシウム・リン比率が保たれていないと、骨格発育に悪影響を与える可能性があります。

これらの理由から、子猫の健康と成長をサポートするために、子猫対応のキャットフードを与えることが重要です。

成長をサポート!安全な子猫用キャットフードの選び方を徹底解説

子猫用に違いがある?安全な子猫用キャットフードの選び方を紹介!

続きを見る

すぐにおすすめキャットフードを見る

高齢のシニア猫には「シニア対応」のキャットフード

猫の年齢

シニア用キャットフードは、猫が年を重ねることで変化する栄養ニーズに特化して作られたキャットフードです。

年齢と共に代謝が低下し、若いころと同じ食事では栄養過多や消化不良が起こる可能性があります。

私も、若いころ食べれたものが…

エネルギー量が適度に抑えられ、消化しやすいタンパク質や脂肪の量が控えめで、ビタミンやミネラルも調整されているフードを選ぶ必要があります。

また、関節の劣化や腎臓病などの病気になりやすいため、これらの問題を予防・対策する栄養素も必要です。

ポイント

病気の予防のためにも、シニア猫にはシニア用を。

そのほかにも「全年齢対応」のキャットフードもあります。主にネットで購入できる高価なキャットフードに多い傾向ですが、栄養バランスなどが考慮されていて、シニア猫でも与えることができます。

シニア猫に最適!栄養バランス抜群のおすすめキャットフードと選び方

シニア猫に最適!高齢猫に評判のおすすめキャットフードと選び方

続きを見る

すぐにおすすめキャットフードを見る

キャットフードを選ぶ時の注意点

キャットフードを選ぶ時の注意点

キャットフードを選ぶ時は、様々なことに注意を向けなければなりません。

猫にとって危険な成分が含まれていたり、不要な原材料が使われていたりして、何も考えないで選んでいると、いつの間にか健康に良くないキャットフードを与えてしまっているかもしれません。

食べてはいけないキャットフード

食べてはいけないキャットフードとは、猫の健康に悪影響を与える成分や添加物が含まれているものです。

人間用の食品添加物や防腐剤が含まれている場合、猫は人間とは異なる栄養ニーズと消化機能を持っているため、有害であることがあります。

人間と猫とは違うんだね

また、猫は肉食動物であり、高品質な動物性タンパク質が必要であり、タンパク質が不足している、あるいは低品質なタンパク質が使用されている場合には注意が必要です。

例えば一部のキャットフードでは、猫にとって適切でない穀物や大豆タンパク質が多く使われていることがあり、低価格帯のキャットフードには、猫に不要な赤色〇〇号などの着色料や、BHT、BHAなどの酸化防止剤が多く含まれている場合があります。

キャットフードを選ぶ際には、こういった猫の健康に悪影響を与える成分や添加物が含まれていることがあり、しっかりと見極める必要があります。

注意して成分表を見なきゃ…

また、食べてはいけないペットフードとして、ドッグフードとキャットフードが一例として週刊誌(週刊新潮)に取り上げられたこともあり、いかに動物たちにとって不要な原材料が、通常に売られているペットフードに含まれているという出来事が事実であるかが分かります。

食べてはいけない・買わないほうがいいキャットフードを解説

食べてはいけないキャットフード、買わないほうがいいキャットフード、詳しく解説
【徹底解説】食べてはいけない・買わない方がいいキャットフードとは?【実名】

続きを見る

すぐにおすすめキャットフードを見る

穀物アレルギーが気になる方は「グレインフリー」

肉や魚のアレルギーのほかに、穀類が原因のアレルギーが気になる方には「グレインフリーキャットフード」がおすすめです。

小麦やとうもろこし、米などの穀類が使われていないグレインフリーキャットフードは、主成分が肉や魚が使用され、猫本来の食性にもマッチしています。

穀類の代わりに肉類が多くなるんだね

しかし、グレインフリーキャットフードの中にも、不要な添加物や原材料が使われていることがあり、成分表などをしっかりと確認することが重要です。

猫のごはん革命!グレインフリーキャットフードを解説【おすすめ商品も紹介】

グレインフリーキャットフードの全容
猫のごはん革命!グレインフリーキャットフードを解説【おすすめ商品も紹介】

続きを見る

安さやコスパを重視するなら市販品という選択肢もある

市販品は、高価で良質な原材料を使用しているキャットフードにはかなわないかもしれませんが、「安さ」という最大の強みがあります。

ネットで売られている商品の多くは、プレミアムキャットフードと言われ、安心な原材料で無添加であり、非常に高価です。それに比べると市販品は、安価で手軽に手に入れることができるため、安くてコスパを重視するなら市販品もおすすめできます。

しかし、安価である以上、健康上にあまり良くないとされている原材料が使われている可能性も否定できません。

ちょっと不安だな~

市販品を購入するなら原材料と成分値をよく確認すること

市販品の中には、かさましのための原材料や低コストの添加物が使われていることがあります。

それらの原材料を大量に長期間摂取すると、猫にとってあまり良くない健康の変化が起きるかもしれません。

そういったことにならないように、原材料と成分値についてはよく確認してから購入することを強くおすすめします。

よく確認して購入しなきゃね

安くて安全な市販品キャットフードの選び方と厳選おすすめ8商品

【252種を独自調査】安くて安全なキャットフードおすすめ8選【市販品】

続きを見る

すぐにおすすめキャットフードを見る

【成分で独自比較】安全で本当に良いキャットフードランキング【Aランク】

96

アカナ バウンティフルキャッチキャット

主原料にサーモン、ニシン、ヘイクを使用。海の自然を生かしたキャットフード。

口コミや評価内容を見る

96

アカナ ホームステッドハーベスト

主原料に鶏、七面鳥、鴨を使用。大自然の風を味わえるキャットフード。

口コミや評価内容を見る

95

カナガンデンタルキャットフード

特許取得の口内ケア成分を配合したキャットフード。海外の良い口コミ割合97%(独自調査)。

口コミや評価内容を見る

94

アカナ ワイルドプレイリーキャット

放し飼いで健康的に育った鶏、七面鳥のなどの動物性原材料を使用したキャットフード。

口コミや評価内容を見る

94

アカナ グラスランド

広大な草原をイメージして作られたキャットフード。原材料に鴨肉や鶏、七面鳥を採用している。

口コミや評価内容を見る

94

オリジン フィット&トリム

肉類と魚類を配合した繊維豊富なキャットフード。脂肪量も低めの「16.7%DM」。

口コミや評価内容を見る

94

アカナ インドアエントリーキャット

脂肪を15.6%に抑えた室内猫向けキャットフード。やわらかいうさぎ肉も配合されている。

口コミや評価内容を見る

93

カナガンキャットフードサーモン

ヒューマングレードのサーモン、ニシン、マスなどの魚を78%使用したキャットフード。

口コミや評価内容を見る

93

ハッピーキャット ファームダック

主原料に広大な自然で育った良質な鴨肉を使用。グレインフリーレシピのキャットフード。

口コミや評価内容を見る

93

ハッピーキャット スキン&コート(皮膚被毛ケア)

亜麻仁や菜種油などの植物オイルとハーブ類を組み合わせた皮膚と被毛のスペシャルフード。

口コミや評価内容を見る

91

FINEPET’S ファインペッツ

10個の不使用と7個のこだわり項目で安全安心なキャットフード。

口コミや評価内容を見る

91

ピュリナワン 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン

尿のpHを6.0~6.5にコントロール。尿路結石に配慮したキャットフード。

口コミや評価内容を見る

91

ピュリナワン 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア サーモン&ツナ

尿のpHを6.0~6.5にコントロール。尿路結石に配慮したキャットフード。

口コミや評価内容を見る

90

ハッピーキャット ファームポルトリー

粒の大きさが9㎜×13㎜の特大サイズのキャットフード。デンタルケアにも配慮。

口コミや評価内容を見る

90

ハッピーキャット ストマック&インテスティン(胃腸ケア)

良質な鴨肉と相性の良い米を組み合わせた胃腸に優しいフード。各種ハーブも配合している。

口コミや評価内容を見る

90

ブラバンソンヌ オーシャンフィッシュ

天然のオリゴ糖配合のキャットフード。2種類の食物繊維で腸と排便をサポート。

口コミや評価内容を見る

89

オリジン キャット&キティ オリジナルキャット

原材料の3分の2を新鮮、生を使用したキャットフード。85%の動物性原材料を誇る。

口コミや評価内容を見る

89

ハッピーキャット ローファット

肉類と穀類を組み合わせ高タンパク低脂肪を実現したキャットフード。エネルギー量は352.5cal。

口コミや評価内容を見る

89

ピュリナワン 健康マルチケア15歳以上

DHA、グルコサミン、コリンを配合したシニア用キャットフード。

口コミや評価内容を見る

89

アカナ ファーストフィーストキャット

放し飼いで育てられた鶏を使用し動物性タンパク質が豊富な子猫用のアカナ。

口コミや評価内容を見る

89

アカナ パシフィカキャットレシピ

太平洋で取れたニシンやサバなどを配合。オメガ3脂肪酸が豊富で皮膚被毛が気になる猫に。

口コミや評価内容を見る

88

銀のスプーン三ツ星グルメ お魚クリーム毛玉ケア

食物繊維を配合したキャットフード。0.09%のマグネシウム量で下部尿路にも配慮。

口コミや評価内容を見る

88

ピュリナワン 優しく腎臓の健康サポート

良質なチキンを配合した腎臓ケアのキャットフード。年齢ケアにグルコサミンも配合。

口コミや評価内容を見る

88

ソリッドゴールド カッツフラッケン

主原料にラム、ドライチキンを使用したキャットフード。ポテトフリーレシピ

口コミや評価内容を見る

88

ピュリナワン 美味を求める成猫用チキン

新鮮なチキンを使用したキャットフード。キブルも複数の形で食感も楽しめる。

口コミや評価内容を見る

88

ピュリナワン 美味を求める成猫用サーモン&ツナ

新鮮なチキンを使用したキャットフード。キブルも複数の形で食感も楽しめる。

口コミや評価内容を見る

88

犬猫生活 オールステージ

日本の室内飼いに合わせた栄養バランスで設計。国産無添加のグレインフリーキャットフード。

口コミや評価内容を見る

88

ハッピーキャット シニア アトランティックサーモン

タンパク質31.9%DMのシニア向けのキャットフード。脂肪も控えめのレシピ。

口コミや評価内容を見る

88

ハッピーキャット シニア ファームラム

タンパク質31.9%DMのシニア向けのキャットフード。脂肪も控えめのレシピ。

口コミや評価内容を見る

88

ソリッドゴールド インドアキャット

主原料にサーモンを配合したキャットフード。毛玉ケアに繊維質のヒラマメを配合している。

口コミや評価内容を見る

87

オリジン レジオナルレッド

牛やイノシシ、バイソンなど多様な牧場飼育の動物を使用。丸ごとのホールプレイも特徴。

口コミや評価内容を見る

87

オリジン 6フィッシュ

新鮮な魚類を85%配合したキャットフード。自社専用の工場で生産している。

口コミや評価内容を見る

87

ブラバンソンヌ 消化器サポート

天然のオリゴ糖が腸内細菌のバランスを調整。肉類と穀類を合わせたレシピ。

口コミや評価内容を見る

87

サイエンス・ダイエット減量サポート

342lcalの低エネルギーキャットフード。脂肪も13.7%DMに調整されている。

口コミや評価内容を見る

86

犬猫生活 シニア用

リン、ナトリウム量を調整した国産キャットフード。グルコサミンやコンドロイチンも配合。

口コミや評価内容を見る

86

ソリッドゴールド インディゴムーン

高品質な鶏肉と魚を主原料としたキャットフード。タンパク質量は高めの46.7%DM。

口コミや評価内容を見る

86

ハッピーキャット ステアライズド

避妊去勢後に合わせた高タンパクで低脂肪、低カロリーのキャットフード。

口コミや評価内容を見る

85

銀のスプーン 三ツ星グルメお魚味クリーム お魚・鶏ささみレシピ3種のアソート

肉類と穀類を混合したレシピのキャットフード。粒にクリームが絡めてある。

口コミや評価内容を見る

85

銀のスプーン 三ツ星グルメお魚味クリーム まぐろ味レシピ3種のアソート

肉類と穀類を混合したレシピのキャットフード。粒にクリームが絡めてある。

口コミや評価内容を見る

85

ブラバンソンヌ シニア猫用

天然のオリゴ糖配合のキャットフード。2種類の食物繊維で腸と排便をサポート。

口コミや評価内容を見る

キャットフードおすすめランキングに関するよくある質問

キャットフードのダメなものは?

過剰な添加物が含まれている商品です。

ダメなキャットフードは、過剰な添加物や人工着色料が含まれていたり、栄養バランスが悪いものです。過剰な添加物や人工着色料は猫の健康に悪影響を及ぼすことがあり、栄養バランスが悪いキャットフードは猫の成長や健康維持に必要な栄養素が不足することがあります。

具体例としては、人工着色料が使われている安価なキャットフード、適切なタンパク質、脂質、炭水化物のバランスがないキャットフードなどがあります。

猫の餌は何がいい?

高品質なタンパク質が主成分のキャットフードです。

猫にとって良い餌は、適切な栄養バランスが整った、高品質なタンパク質が主成分のキャットフードです。猫は肉食動物であり、タンパク質を主とした栄養が必要で、高品質なタンパク質は猫の健康や免疫力維持に役立ちます。

具体例としては、高品質なタンパク質が含まれるキャットフード(例:チキン、ターキー、魚など)や人工着色料や保存料が少ないキャットフードなどがあります。

猫の胃に優しいフードは?

消化しやすい高品質なタンパク質が含まれ、添加物が少ないキャットフードです。

理由としては以下のような理由が挙げられます。

  • 高品質なタンパク質は消化吸収が良く、胃への負担が少ない。
  • 人工着色料や保存料が少ないフードは、消化器官への刺激が少なく、胃に優しい。

具体例としては、商品名やその特徴に消化器サポートなどがうたわれている商品が該当します。そのほかにも高価ではありますが、プレミアムキャットフード全般が該当します。

ロイヤルカナンは食いつきが悪いの?

猫の好みや健康状態によることがあります。

理由としては以下のような理由が挙げられます。

  • 猫は個体差があり、好みや嗜好性が異なる。
  • 健康状態やストレスが食いつきに影響を与えることがある。

解決策としては、

  1. 猫が特定のフレーバーやテクスチャーを好まない場合、他のロイヤルカナン製品を試す。
  2. 猫の健康状態が気になる場合、獣医師に相談する。
  3. 全く違うメーカーの商品を試す。

などがあります。

ピュリナワンはどうなの?

高品質なタンパク質を主成分に、適切な栄養バランスが整ったキャットフードです。

理由としては以下のような理由が挙げられます。

  • ピュリナワンは、高品質なタンパク質を含み、適切な栄養バランスが整ったキャットフードである。
  • 健康状態や年齢に合わせた製品ラインナップがある。

原材料や添加物などで一部において不安要素は残りますが、総じてコスパに優れたキャットフードと言えます。

ドライフードとウェットフードはどっちがいいの?

猫には、ドライフードとウェットフードの両方を適切なバランスで与えることが理想的です。

理由としては以下のような理由が挙げられます。

  • ドライフードは保存が効き、歯の健康に良い効果がある。
  • ウェットフードは水分が豊富で、腎臓の負担を減らす効果がある。

使用例としては、

  1. 朝と夜にウェットフードを与え、昼間はドライフードを自由に食べられるようにする。
  2. 一部のドライフードをウェットフードに混ぜることで、水分摂取を促す。

などがありますが、猫状態や飼い主さんの状況なども踏まえて、決めるようにしてください。ちなみにウェットフードのみはあまり個人的には推奨しません。

水分量が多い分、おなかが膨れて栄養素の摂取量が減り、栄養不足の可能性があるからです。

なぜフリスキーは製造中止になったの?

企業の事情や市場の需要によるものであり、製品の品質や安全性に問題があったわけではありません。

一般的なキャットフードでも、

  • 製品ラインナップの変更や新製品開発によって、既存の製品が製造中止になることがある。
  • 市場の需要や消費者の嗜好が変化し、売れ行きが低下することが原因で製造中止になることもある。

などといった状況があります。その他にも、

  1. 企業が新しいキャットフードを開発し、既存の製品を置き換える場合。
  2. 他のキャットフードブランドが市場シェアを獲得し、フリスキーの需要が減少した場合。

などいろんな状況が予測されます。キャットフードもビジネスとして成り立っている訳で、商品の入れ替えや販売中止などは頻繁に起こりえます。

フリスキーに関しては、コロナウイルスによる工場や製造ラインへの影響なども挙げられます(2020年9月に販売終了)。

  安全で本当に良い【Sランク】キャットフード

→ 本当に良いキャットフードの選び方と
【Aランク】キャットフード

  ランキングの詳細な評価基準

次のページへ >