グレインフリーキャットフードの全容

猫のごはん革命!グレインフリーキャットフードを解説【おすすめ商品も紹介】

猫の健康を維持し、幸せな毎日を過ごすために、飼い主さんにとってキャットフードの選び方は重要な課題です。

最近、注目されているグレインフリー・キャットフードは、穀物を一切含まないため、猫の本来の食生活に近いとされ、アレルギーや肥満対策に効果的と話題になっています。

本記事では、グレインフリー・キャットフードのメリット・デメリットを解説し、選び方のポイントを詳しくご紹介します。猫の年齢や体調、食事スタイルなどに応じた最適なキャットフード選びのヒントが満載です。

この記事を参考にして、愛猫の健康をサポートするグレインフリー・キャットフード選びにぜひトライしてみてください。猫の喜ぶ食事で、幸せな毎日を過ごしましょう。

見たい項目をタッチ!

グレインフリーとは「穀類を含まない」キャットフード

穀類不使用のイラスト

グレインフリー・キャットフードとは、穀物を含まない猫用のペットフードのことを言います。

これは穀物アレルギーや消化器系の問題を持つ猫に特に適した食品であり、また猫の自然な食生活に近いものとされています。

猫は本来、肉食性の動物であり、野生では主に肉を食べて生きてきました。そのため、猫の消化器系は肉を消化・吸収するように進化しており、穀物の消化には適していません

一部の猫は穀物を含むキャットフードを摂取することで、アレルギーや消化器系の問題を引き起こすことがあります。

グレイン(穀類)って、どんな食材のことを言うの?

グレインとは「穀類」のことを言います。

穀類(穀物)とは、イネ科(Poaceae)に属する植物の種子で、小麦やとうもろこし、米などを指し、多くの栄養素を含み、様々な用途の食料として広く利用されています。

植物を分類する場合にイネ科の植物を「禾穀類(かこくるい)」、マメ科の植物を「菽穀類(しゅこくるい)」と呼ぶ場合もあり、広い意味では穀類(穀物)にエンドウ豆やインゲン豆、大豆なども含まれます。

また、タデ科のソバなども「穀物」に含める場合もあり、多くの植物が穀類と呼ばれています。

キャットフードでのグレインフリーは主に「イネ科」植物が除外されている

グレインフリーキャットフード、モグニャンの原材料と成分値
出典:laetitien.co.jp

広い意味では、エンドウ豆やインゲン豆などのマメ科の植物も、穀類に含まれることがありますが、キャットフードにおいての穀類はイネ科の植物を対象としています。

そのため、グレインフリーキャットフードでも、エンドウ豆やインゲン豆などが使われていたりしますが、アレルギーがあったとの報告は見当たらないため、心配は無用と言えます。

ただし、マメ科の植物でも「大豆」だけはアレルギーの可能性があるので、心配な方はグレインフリーキャットフードでも、大豆が不使用の商品を選ぶようにしてください。

【有名なグレインフリーキャットフードは大豆不使用がスタンダード】

商品名大豆の使用
カナガン チキンなし
カナガン サーモン
カナガン デンタル
ジャガー
モグニャン
グランツ チキン&サーモン
グランツ チキン成猫
グランツ サーモン成猫
犬猫生活 オールステージ
犬猫生活 シニア
ロニー

代替品のさつまいもやじゃがいもはアレルギーの可能性はあるが…

アレルギーの原因のデータ
下記の「猫のアレルギーの原因」抜粋

そもそも、さつまいもやじゃがいもを"穀類(穀物)"として扱っている場面もあるようです(場面というより意見?)。

キャットフードにおいて重要なのは「アレルギーが発生するか」という点です。なのでここではさつまいもやジャガイモの分類についての議論は省きますが…。

結論を言うと、さつまいもやじゃがいもによるアレルギーの可能性はあります。可能性はありますが、それほど起きやすい食材ではないと言えます。

有名なグレインフリーキャットフードにおいても、さつまいもやじゃがいもの使用割合は高く、ツナギとしての役割や食物繊維源として使用されています。

気になる方は下記の表を参考にして選ぶようにしてください。

【有名なグレインフリーキャットフードは
 さつまいも・じゃがいも使用がスタンダード】

商品名さつまいもじゃがいも
カナガン チキンありあり
カナガン サーモン
カナガン デンタル
ジャガー
モグニャン
グランツ チキン&サーモン
グランツ チキン成猫なし
グランツ サーモン成猫あり
犬猫生活 オールステージ
犬猫生活 シニア
ロニー

グレインフリーとは、グルテンフリーや低炭水化物と同じ?

グレインフリー、グルテンフリー、低炭水化物はそれぞれ異なるものを指しますが、いずれも炭水化物の摂取を抑えることに焦点を当てた食品です。

グレインフリー:
穀物を一切含まない食品。

グルテンフリー:
小麦、大麦、ライ麦などのグルテンを含む穀物を含まない食品。

低炭水化物:
炭水化物の含有量が少ない食品。糖質制限ダイエットなどに適した食品。

なぜグレインフリーのキャットフードが注目されているのか?

グレインフリーのキャットフードが注目されている理由は、猫本来の食生活、アレルギー問題の増加などに対して、グレインフリーが適切であるとされているからです。

猫の食生活の変化

猫は元来肉食性の動物であり、野生では主に肉を食べて生きてきました。しかし、家庭で飼われる猫の食生活は、従来のキャットフードによって変化しており、穀物や炭水化物が多く含まれるようになっています。

このため、猫の自然な食生活に近いグレインフリーのキャットフードへの関心が高まっています。

獣医師やペット栄養管理士が、猫の健康に良い食生活を提案する際に、グレインフリーのキャットフードを推奨することもあり、猫の食生活に合っているとされています。

アレルギー問題の増加

穀物を含むキャットフードは、一部の猫にアレルギーや消化器系の問題を引き起こすことがあります。穀物アレルギーの増加に伴い、グレインフリーのキャットフードが注目されています。

獣医師が、穀物アレルギーや消化器系の問題を持つ猫に対して、グレインフリーのキャットフードを推奨することがあり、メディアでも取り上げられることによって知名度が上がってきました。

アレルギー問題だけで言えば、猫は肉類などにもアレルギーがあることもあるため、「グレインフリー=アレルギーの心配なし」という図式は間違っていますが、穀類のアレルギー対策には適しています。

グレインフリーキャットフードはどんな猫におすすめ?

グレインフリーキャットフードは、穀物アレルギーや消化器系の問題を持つ猫、肥満気味の猫、また糖尿病や腎臓病の猫におすすめです。

穀物アレルギーや消化器系の問題を持つ猫:
グレインフリーキャットフードは穀物を含まないため、アレルギーや消化器系の問題の原因となる成分を避けられます。

肥満気味の猫:
グレインフリーキャットフードは炭水化物が少ないため、肥満を防ぐ効果が期待できます。

糖尿病や腎臓病の猫:
炭水化物の摂取を抑えることが、糖尿病や腎臓病の管理に役立つとされています。

グレインフリーキャットフードは、穀物アレルギーや消化器系の問題を持つ猫、肥満気味の猫、糖尿病や腎臓病の猫におすすめです。獣医師の推奨や、メーカーによる猫の健康状態に応じた商品展開により、グレインフリーキャットフードが注目されています。

ただし「グレインフリー=糖尿病や腎臓病に良い」訳ではないので勘違いはしないようにしてください。あくまでグレインフリーキャットフードは炭水化物が少ない傾向にあるため、そのように表現されることがあります。

いずれにしても、飼い主さんが自分の目で原材料や成分をしっかりと"見極める必要がある"ということです。

【状態・特徴別】おすすめグレインフリーキャットフード

ここでは猫の状態やフードの特徴別に、おすすめのグレインフリーキャットフードを紹介します。

【肥満猫・ヘルシー志向】モグニャン

モグニャンは、猫のエネルギー源として使われている「タンパク質」と「脂肪」の量が低く抑えられていて、肥満気味の猫や大食いの猫などに向いています。

商品名タンパク質脂肪
カナガン チキン34%以上16.7%以上
カナガン サーモン34%以上14.8%以上
カナガン デンタル33%以上15%以上
ジャガー37%以上14.88%以上
モグニャン27%以上11%以上
グランツ チキン&サーモン36%17%
グランツ チキン成猫32%15%
グランツ サーモン成猫32%16%
犬猫生活 オールステージ31%以上15%以上
犬猫生活 シニア28%以上14%以上
ロニー36%20%
2023年4月公式サイト参考

穀類の代わりに使用しているさつまいもは、食物繊維が豊富で、消化器官の健康をサポートする効果もあり、とってもヘルシーで健康に配慮して作られています。

「愛猫家が選ぶキャットフードNo.1」とも言われており、非常に人気の高い商品です。まだ試したことの無い方はこの機会にぜひ、お試しあれ!

モグニャン

モグニャン
キャットフード

\全年齢対応!最大20%off/

公式サイトで詳細を見る

【猫1匹・酸化防止】グランツ キャットフード

グランツキャットフードは、内容量が「500g」という使い切りサイズになっています。

その理由は、グランツは人工添加物や保存料を使用していないため、開封後の長時間の保存はフードが痛んでしまうと考えたからです。

「いつでも開けたて新鮮な健康に良いGRANDSを、美味しく食べてもらいたい。」という思いのもと、コストは上がってしまいますが、酸化防止のために、あえてこの「500g」という内容量にしています。

1.5kgや2kgなどの大袋が多い、キャットフードの中では非常に珍しい特異な存在で、猫のことだけを徹底的に考えつくされてキャットフードです。

味も子猫対応は「1種類」、成猫対応は「3種類」と豊富。愛猫の状態や好みに合ったキャットフードが見つかりはずです。

グランツキャットフード 

グランツ
キャットフード

\0.06~0.09の低マグネシウムで安心/

公式サイトを見る

【虫歯・特許成分】カナガンデンタル キャットフード

カナガンデンタルキャットフードは、口内ケアに効果がある特許成分「プロデン・プラークオフ®」が配合されています。

プロデン・プラークオフ®とは、特許取得の「アスコフィラムノドサム」が主成分で、主要効果は人、犬、猫に対する歯垢(プラーク)や歯石の形成予防に効果があります。

主成分の「アスコフィラムノドサム(Ascophyllum nodosum)」は日本国特許庁により特許第4648611号として認められいます。

口内ケアの効果に期待できる成分を含んでいるカナガンデンタルは、ほかのキャットフードにはない効果に期待でき、それでいて使用している原材料なども、新鮮なものを使用し、猫の体のことを考えつくされているキャットフードです。

口内の歯の状態や、口臭などが気になっている猫ちゃんや、虫歯予防・口臭予防をしたいと考えている猫ちゃんにとってもおすすめの商品です。

カナガンデンタルキャットフード

カナガン
デンタル
キャットフード

\全猫種・全年齢対応/

公式サイトを見る

グレインフリーキャットフードのメリットとデメリット

グレインフリーキャットフードのメリット

メリット1 猫本来の食事に近く、食いつきがいい

肉食動物である猫にとって、グレインフリーキャットフードは本来の食事に近いため、食いつきが良いと言われています。

肉や魚を主成分としているため、猫にとって美味しく、栄養バランスが適切です。また、穀物が含まれていないため、自然な食生活を促すことができます。

メリット2 アレルギーを起こしにくく、穀物アレルギーの猫でも食べられる

穀物アレルギーの猫にとって、グレインフリーキャットフードはアレルギーを起こしにくいため、安心して食べられます。

また、穀物が含まれていないので、アレルギー反応を引き起こすリスクが低くなり、穀類アレルギーに不安の猫でも安心して与えることができます。

メリット3【条件付き】太りにくく、ダイエットに向いている

炭水化物の摂取を抑えられるグレインフリーキャットフードは、条件付きで太りにくいとされています。

ただし、高脂肪・高タンパク質の製品もあるため、猫の体調や活動レベルに応じて適切な製品を選ぶことが重要です。

メリット4 消化しやすい

グレインフリーキャットフードは、肉や魚を主成分としているため、消化しやすいと言われています。

猫の消化器官は肉類を消化するのに適しており、穀物を含まないグレインフリーキャットフードは、消化器官に負担をかけず、猫の健康に良い影響を与えます。

グレインフリーキャットフードのデメリット

デメリット1 高タンパク質の商品はエネルギー過剰になる

グレインフリーキャットフードの中には、高タンパク質でエネルギーが過剰な商品もあります。

運動量が少ない猫や高齢猫には、エネルギー過剰な商品は不向きで、肥満や腎臓病のリスクを高める可能性があります。そのため、猫の年齢や活動レベルに応じて適切な製品を選ぶことが重要です。

デメリット2 高脂肪な商品は太りやすい

グレインフリーキャットフードには、高脂肪の商品も存在します。

高脂肪の食事は、摂取カロリーが高くなるため、太りやすくなるリスクがあります。適切なエネルギー量のキャットフードを選ぶことが、猫の健康維持には重要です。

デメリット3 穀類の代替品が消化に適していないことがある

グレインフリーキャットフードでは、穀物の代わりに他の炭水化物源が使用されることがあります。

これらの代替品は、猫にとって消化しにくい場合があり、腸内の善玉菌バランスを崩すことがあるため、注意が必要です。

デメリット4 価格が高い

一般的に、グレインフリーキャットフードは従来のキャットフードに比べて価格が高めです。

これは、肉や魚を主成分とした高品質な原材料が使用されているためです。そのため、継続的にグレインフリーキャットフードを与える際には、家計への影響を考慮する必要があります。

デメリット5 腹持ちがよくない

グレインフリーキャットフードは、炭水化物が少ないため、腹持ちが良くない場合があります。

その結果、猫が頻繁に空腹を感じることがあり、与える量が増えることがあるため注意が必要です。

メリット・デメリットまとめ

グレインフリーキャットフードには、猫本来の食事に近いため食いつきが良い、アレルギーを起こしにくい、消化しやすいなどのメリットがあります。

一方で、高タンパク質・高脂肪の商品があるため選び方に注意が必要であり、価格が高い、腹持ちが良くないといったデメリットも存在します。

猫の年齢や活動量、健康状態に応じて、適切なグレインフリーキャットフードを選ぶことが重要です。

また、穀物の代替品が消化に適していない場合もあるため、猫の消化器官に負担をかけない成分が含まれたキャットフードを選ぶことが望ましいです。

家計への影響や猫の腹持ちも考慮して、最適なキャットフードを選ぶことが猫の健康維持に繋がります。

グレインフリーキャットフードを選ぶ際には、獣医師と相談することもおすすめです。

獣医師の意見を聞くことで、猫にとって最適なキャットフードを選ぶことができ、猫の健康状態に適した食事を提供することができます。

グレインフリー・キャットフードの選び方

グレインフリーのキャットフードを選ぶ際に原材料を確認することは非常に重要です。

なぜなら、グレインフリーという言葉が示すように、小麦、トウモロコシ、大豆、米などの穀物が含まれていないとされていますが、実際にはそれ以外の成分が含まれている場合があります。

原材料のチェック

グレインフリーのキャットフードは、肉や魚、野菜、果物など、猫にとって必要な栄養素がバランス良く含まれていることが理想的です。

しかし、原材料が明確に表示されていない、または不適切な原材料が含まれている場合、猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

たとえば、グレインフリーのキャットフードにおいても、着色料、防腐剤、香料などの不適切な添加物が含まれている場合があります。これらの成分は、消化器官や皮膚などに悪影響を及ぼすことがあります。

肉や魚などの良質なタンパク質が主原料として記載されているか

グレインフリー・キャットフードを選ぶ際、まずは原材料をチェックしましょう。

良質なタンパク質が主原料として記載されていることが重要です。例えば、鶏肉、サーモン、ビーフなどの肉や魚が、原材料の最初の方に記載されていることを確認してください。

肉や魚などに含まれている動物性タンパク質は、猫本来の野生性にあったタンパク質です。

動物性タンパク質が猫に合っていることは、麻布大学獣医学部教授を務めたことがあり、農学博士でもある阿部又信によって専門書などを通じて発表されています。著書は「動物看護のための小動物栄養学|ファームプレス」や「動物栄養学|朝倉書店」などがあります。

穀類の代替品はさつまいもなどを使用している食物繊維が豊富なもの

グレインフリーの食品は、通常、米や麦などの穀物を使用せず、代わりにさつまいもや豆類を含む材料を使用しています。

これらの材料には食物繊維が豊富で、消化器官の健康をサポートする効果があります。ただし、材料をかさ増しするために使用されるものもありますので、成分バランスを確認することが重要です。

かさ増しをしているか見抜く方法

かさ増しをしているかどうかを見抜くためには、ペットフードの成分表をよく確認することが必要です。

成分表では、原材料が含まれている割合が多い順番に記載されています。

肉や魚などの動物性タンパク質が主成分であり、穀物や植物性タンパク質が副次的な役割を担っている場合は、良質なペットフードと言えます。

一方、炭水化物源や植物性タンパク質源が主成分であり、動物性タンパク質が副次的な役割を担っている場合は、かさ増しされたキャットフードの可能性があります。

また、グレインフリーのペットフードでも、良質なものを選ぶためには、ペットフードメーカーの信頼性や評判を調べることも大切です。成分表に含まれる原材料の種類や割合だけでなく、品質や製造方法についても、注意深く調べることが必要です。

添加物の種類をチェック

保存料・着色料などの添加物が入っていないか

添加物が入っていないグレインフリーキャットフードを選びましょう。

保存料や着色料は、猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、できるだけ避けることが望ましいです。

猫に着色料は意味がない

猫は2色型色覚であり、3色型色覚の人間より見える色の種類が少ないです。

根拠となる情報には、海外の獣医師(Vision in Dogs and Cats|dvm360.com)や動物病院(Do Cats See Color?|vcahospitals.com)での情報があります。

着色料は人間向けのために配合されているため猫にとっては何の意味もありません。

プロピレングリコールはペットフード安全法で猫用フードへの使用が禁止されている

プロピレングリコールは、食品や医薬品、化粧品などに使われる成分で、食品添加物としても使用されます。

猫はプロピレングリコールを分解する酵素を持っていないため、過剰摂取すると体内に蓄積され、消化器官や肝臓に悪影響を及ぼす可能性があります。

人間用の添加物として使用されていることもあるため、注意が必要です。

酸化防止剤不使用のものを選ぶ

酸化防止剤も猫の健康に悪影響を与えることがあるため、酸化防止剤不使用のキャットフードを選ぶことがおすすめです。

摂取量に制限がある酸化防止剤

エトキシキン:
動物用の飼料やペットフードに使用される酸化防止剤で、摂取することで皮膚炎や消化器症状、肝臓や腎臓に悪影響を及ぼすことが報告されています。

ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
ブチル化ヒドロキシトルエン/ジブチルヒドロキシトルエン(BHT):
食品や食品添加物、コスメティック製品などに使用される酸化防止剤で、摂取することで発がん性や肝臓への悪影響が報告されています。

猫に危険な酸化防止剤を避けるためには、キャットフードの成分表をよく確認し、上記の成分が含まれていないことを確認することが重要です。

また、人間が食べる食品を与える場合には、猫にとって安全な成分であることを確認し、適量を守って与えるようにしましょう。

ライフステージで選ぶ

子猫・成猫・老猫などの年齢や体調に合わせたものを選ぶ

猫の年齢に合わせたキャットフードを選ぶことで、猫の健康を維持するために必要な栄養素が適切に摂取できます。

子猫には子猫用、成猫には成猫用、老猫にはシニア猫用などの、猫の年齢や体調に合わせたグレインフリーキャットフードを選ぶことが重要です。

そのほかにも「全年齢対応」などの種類もあります。

ドライやウェットなどの種類で選ぶ

猫ちゃんの嗜好にあわせてウェットタイプかドライタイプを選ぶ

猫の好みに合わせて、ウェットタイプかドライタイプのグレインフリーキャットフードを選びましょう。

ウェットタイプは水分が多く、食いつきが良い傾向にありますが、保存が難しいというデメリットがあります。

一方、ドライタイプは保存が容易で、歯石予防にも役立ちますが、水分が少ないため猫が十分な水分摂取をしているか確認する必要があります。

生産国の検討

検査基準が厳しい生産国のものが安全

キャットフードの生産国も選び方のポイントです。検査基準が厳しい国で生産されているキャットフードは、品質が安定しており、安全性が高いとされています。

国産にこだわらずに選ぶ場合もあり

国産キャットフードには品質の安定性が期待できますが、国産にこだわらず、世界各国で生産されたキャットフードを比較検討することで、より多くの選択肢が得られます。

一般的に、イギリスやドイツをはじめとする欧州諸国のキャットフードは、品質が高く、安全であるとされています。

欧州諸国では、ペットフードの製造や販売に関して、より厳格な規制が存在し、安全性の確保に努めています。

たとえば、ペットフードの原材料や栄養成分の表示には、EU基準に沿った厳格なルールが定められており、ペットフードの製造工場も定期的な検査を受ける必要があります。

ただし、キャットフードによっては、国内製造や外国製造に関わらず、成分表をよく確認し、猫にとって必要な栄養素が適切に含まれているかをチェックすることが重要です。

また、猫に合わない原材料や添加物が含まれていないか、アレルギーのリスクがある場合には避けるようにしましょう。

より安心してキャットフードを選ぶためには、信頼できるペットフードメーカーや、動物病院でのアドバイスを参考にすることをおすすめします。

グレインフリーキャットフードのまとめ

本記事では、愛猫の健康をサポートするグレインフリー・キャットフードについて、そのメリット・デメリットや選び方を詳しく解説しました。

グレインフリー・キャットフードは、穀物を一切含まないため、猫の本来の食生活に近く、アレルギーや肥満対策に効果が期待できます。

ただし、選び方によってはエネルギー過剰や適切でない代替品を使用している商品もあり、注意が必要です。

選び方のポイントとして、原材料や添加物をチェックし、猫の年齢や体調に合ったものを選ぶことが大切です。

また、ウェットタイプやドライタイプなど、猫の好みや食事スタイルに応じた商品を選ぶことも重要です。さらに、生産国を検討し、品質の高いキャットフードを選ぶことが望ましいです。

ポイント

  • グレインフリー・キャットフードのメリット・デメリットを理解する
  • 良質なタンパク質が主原料であることを確認する
  • 穀物の代替品は消化に適したものを選ぶ
  • 添加物が含まれていないかチェックする
  • 猫の年齢や体調に合ったキャットフードを選ぶ
  • ウェットタイプかドライタイプかを猫の好みに合わせて選ぶ
  • 生産国の品質基準を検討する

最適なグレインフリー・キャットフードを選ぶことで、愛猫の健康や幸せをサポートできます。本記事を参考に、猫の喜ぶ食事で幸せな毎日を過ごしましょう。

Category