モグニャンを徹底調査

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

【最新口コミ分析】モグニャン超解析!原材料から成分値、弱点をマルっと解説

いろいろと話題性のある
モグニャンを超分析

白身魚を主原料としたヘルシーなモグニャン。

ネット上には様々な情報があり、気になる悪い口コミも存在しています。

この記事では、モグニャンの原材料や成分値などの特徴から、SNSの口コミとネットショップでの口コミを徹底分析。

口コミは実例も紹介しているので、ぜひ最後までお付き合いください。

公式サイトで詳細を調べよう

300種類以上を成分で徹底比較したおすすめランキングはここから↓

【300種類を徹底比較】おすすめキャットフードランキング|安全な猫の餌は?をチェックしよう!

おすすめNo.1

「カナガン」

カナガンキャットフードチキン

\食いつき100%/

口コミを見る

公式サイト

おすすめNo.2

「グランツ」

\500gで風味○/

口コミを見る

公式サイト

おすすめNo.3

「アランズ」

アランズナチュラルキャットフード

\自然派レシピ/

口コミを見る

公式サイト

成分で比較!おすすめキャットフードランキング
【成分を独自比較】安全で本当に良いキャットフードランキング【300種超】

続きを見る

Contents
  1. SNSの口コミは軒並み良好
  2. 悪い口コミ評判も、もちろんある
  3. ネットショップでの口コミは「食べない」がやや多い、血尿などの「下部尿路系」は年々減少している傾向
  4. 【口コミからの結論】悪い口コミが不安なら避ける。ヘルシーな良質フードを探しているなら試す価値あり。
  5. モグニャンはレティシアンが開発したオリジナルキャットフード
  6. おいしさの秘密は「イノシン酸」と「グルタミン酸」の相乗効果…かも⁉
  7. モグニャンには何が入っているの?原材料と成分値を大公開!
  8. そもそも猫にとって本当に良いキャットフードってどんなの?
  9. まだまだあるモグニャンの魅力!余すことなく徹底紹介
  10. 良いところだけじゃない⁉ NFE とタンパク質、脂肪量によって変わる猫への影響
  11. 購入できるのはAmazonと公式、最安値は公式サイト

SNSの口コミは軒並み良好

InstagramやTwitterでの口コミは、「おいしそうに食べてくれた」、「食いつきがスゴイ」といった良い口コミが多数投稿されていました。

これらの内容からは、評判通りの実力を兼ね備えているようですね。

食欲が無さすぎのまめちゃん…

今夜はいつもの御飯の後に…

モグニャンお気に入りのラテ…

ずっとカリカリはロイヤル○ナンだったけど…

みすきゃっちー様より、譲渡会にて…

我が家の猫たちは偏食気味で…

モグニャン食べ始めてから…

朝っぱらからシンクと床に…

食欲低下と咳っぽさがあったので…

公式サイトで詳細を調べよう

悪い口コミ評判も、もちろんある

軒並み好評なSNSでの口コミでも、中には「食べてくれなかった」などの悪い口コミもあります。

また気になる口コミとして「血尿」といった口コミもありました。

おいおいおい、 モグニャン食べ…

猫飼ってるフォロワーさんで…

以前はプレミアムフードのモグニャン…

今朝うちの子猫ちゃんが血尿出てて…

血尿は猫の健康への影響として、無視できない項目のため、ネットショップでの口コミも調査しました。

ネットショップでの口コミは「食べない」がやや多い、血尿などの「下部尿路系」は年々減少している傾向

ネットショップでの口コミを独自調査し、その割合と、年代ごとの推移をまとめてみました。信ぴょう性が少し疑わしい口コミは、自身の判断で省いているので、件数が少し少なめとなっています。

モグニャンの年代ごとの下部尿路・食いつきの口コミ推移

食いつきは食べない方がやや多くなっている

食いつきは半数以上で食べない口コミとなっています。猫の好みもあるので一概には言えませんが、食いつきは良くなかったというのがネットショップでの評価になります。

ただSNSでは食いつきが良いといった投稿も多数あることから、試してみなければ分からないというのが、本当のところでしょうか。

「血尿が出た」、「結石ができた」などの口コミがある

2020年以前のネットショップでの口コミは、「血尿が出た」、「結石ができた」といった口コミが多数みられました。

猫にとって下部尿路疾患は、とてもなりやすくデリケートな部分で、ちょっとした環境の変化や食事の変化によっても引き起こされてしまいます。

モグニャンとは関係ありませんが、私の飼っている猫も尿路結石になった経験があることから、その怖さや症状は理解しているつもりです。

そんな下部尿路関係の口コミはとても怖いものがあるので、不安感は拭えないものでしょう。

下部尿路に関する口コミは減少傾向にある

2020年以前の口コミでは、すぐに「血尿がでた」などの声が目立ちましたが、2023年現在ではそのような口コミは見当たらなくなりました

詳細はわかりませんが、2021年のリニューアルあたりから変化が起き始めているのかもしれません。

【口コミからの結論】悪い口コミが不安なら避ける。ヘルシーな良質フードを探しているなら試す価値あり。

やはり尿石ができたなどの強烈な口コミは、一度耳にしてしまったら無視はできないでしょう。

愛猫のことを考えたら当たり前のことです。

もし自分の大切な人に、前にガンになったと噂のある食べ物を、食べてほしいとは思わないはずです。

真実は分かりませんが、その不安感は拭えないものでしょう。したがってどうしても不安であれば、キャットフードにはほかにも多数の種類があり良品もたくさんあります。

別の商品を選ぶという選択肢も、ありだと思います

肥満気味や運動量の少ない室内飼いでの猫には向いている

2023年での口コミは、下部尿路の口コミは見当たらくなったことから、その安全性は前よりも良くなっていることが言えるでしょう。

またモグニャンはそのヘルシーな成分量から、食べ過ぎで肥満気味の猫や、運動量が少なめでエネルギーが少なめのフードを探している方には、向いている商品と言えます。

商品も年々リニューアルを繰り返し、変化していきます。それと同様に口コミも年々変化していき、過去の口コミが当てはまらなくなることも考えられます。

最終的には愛猫のために、飼い主さんの判断でおいしいごはんを与えてあげるようにしましょう。

モグニャンのお試し100円サンプルは、あなたの運しだい!

モグニャンの100円50gお試しは、不定期開催で特定の広告バナーからの申し込みに限ります。

いろんなサイトを探しても、見つからないので注意してください!

モグニャンはレティシアンが開発したオリジナルキャットフード

キャットフードの輸入販売をしている「レティシアン」が、猫の健康と食いつきを追求した結果生まれたキャットフードがモグニャンです。

カロリーは控えめ、室内飼いで肥満が気になる猫にも向いている

モグニャンのカロリーは「379kcal」です。これは300種類を調査したほぼ平均並みの数値となっています。

300種類のカロリー分布
赤色が平均値付近

ものすごく少ないわけではないですが、タンパク質量が「28.4%DM」と控えめで、脂肪量に至っては「11.6%DM」とかなりのヘルシー仕様

最大のエネルギー源である脂肪量が少ないことから、肥満気味や運動量が少ない室内飼いの猫に向いていると言えます。

小粒で歯が発達していない子猫や歯の弱ったシニア猫にも向いている

粒の大きさ

子猫のときは歯が発達していないと、丸呑みしてしまい吐き戻してしまうことがあります。またシニア猫も同様に歯が弱っていて丸呑みしてしまうことが。

モグニャンはそういった歯が弱った、または発達していない場合でも食べやすいように、直径8mm 厚さ6mmの小粒に設計されています。

タンパク源が白身魚の一つだけで、アレルギーリスクが低い

モグニャンはアレルギーの原因となるたんぱく源が白身魚一つだけのため、アレルギーを引き起こしてしまうリスクを最小限に抑えてあります。

そのためアレルギーが心配な方や、すでに他の食物のタンパク源でアレルギーを持つ猫でも、安心して与えることができます。

グレインフリーで全年齢対応

モグニャンはもちろんグレインフリーのレシピで、子猫からシニア猫まで食べることができる全年齢対応となっています。

またその他にも代表的な特徴があるので一覧でご紹介します。

  • ヒューマングレード
  • 93%の獣医師が推奨
  • グレインフリー
  • 着色料・香料不使用
  • 遺伝子組み換え原材料不使用
  • FEDIAFの基準をクリアした工場で生産
  • 累計販売個数75万個※2016年12月~2022年5月

※ヒューマングレードの食品工場から仕入れた魚を使用。乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用。
※当製品を使用した獣医師113名を対象に「健康な猫の飼主から、当製品を使用してみたいがどう思うか相談された場合、当製品を推奨しますか?」と聞き、「(とても)良い製品だと思う」と回答した割合。2021年8月ベッツアイ調べ

おいしさの秘密は「イノシン酸」と「グルタミン酸」の相乗効果…かも⁉

魚と野菜によるうまみの相乗効果

白身魚などに含まれているイノシン酸と、昆布やトマトなどに含まれているグルタミン酸が1:1の割合で合わさると、そのおいしさが7~8倍にもなるとされています。

これは味の素にて30年あまり味の研究に没頭し、のち1997年より東京農業大学教授、農学博士となった山口静子さんらの研究で証明されています(うまみに関する相乗効果)。

代表的な例としては、グルタミン酸を多く含む昆布と、イノシン酸を含むかつお節による併せ技による「だし」が有名です。

このような効果が、イノシン酸を含んでいる白身魚と、ジャガイモやサツマイモ、カボチャなどの野菜類に含まれているグルタミン酸によって、モグニャンでも同じようなことが起きている・・・かもしれません。

モグニャンには何が入っているの?原材料と成分値を大公開!

モグニャンには猫の健康のことを考えて、配合されている原材料がたくさんあります。

その原材料がこちら。

白身魚65%、タピオカ、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、ビール酵母、サツマイモ、ココナッツオイル、セルロース、サーモンオイル、フィッシュスープ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、タウリン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、ビタミン類(ビタミンA、D3、E)、乳酸菌

特に健康への影響のある原材料は見当たらず、白身魚を65%も使用しているのが特徴です。

穀類を不使用とするために、タピオカやジャガイモなどを使用し、健康維持のサポートに効果のあるバナナやリンゴ、クランベリーなども配合しています。

成分バランスはエネルギー源が控えめで、ヘルシーな仕上がり

エネルギー源となるタンパク質量が「28.4%DM」、脂肪量が「11.6%DM」となっていて、とてもヘルシーな仕上がりとなっています。

項目成分値
タンパク質28.4%DM
脂肪11.6%DM
粗繊維5.25%以下
灰分9.5%以下
水分5%以下
NFE41%
オメガ3脂肪酸2.5%
オメガ6脂肪酸1.3%
リン1.1%
カルシウム1.3%
マグネシウム0.09%
エネルギー(100gあたり)379kcal

300種類の商品を調査した平均が、それぞれタンパク質量は「35.1%DM」、脂肪量で「14.4%DM」となっていて、どちらもかなりのヘルシー仕様と言えます。

そもそも猫にとって本当に良いキャットフードってどんなの?

「モグニャンには、猫の体に良い原材料が使用されていると言っているけれど、本当にそうなの?」

「そもそも本当に良いキャットフードって、どうやって見極めるの?」

そんな悩みがあるかもしれませんので、ここではどんなキャットフードが良いのかを改めて再確認してみましょう。

猫の食いつきは「におい」で決まると言っても過言ではない

猫の食いつきはフードの「におい」で決まります

猫の嗅覚は人間の数十万倍ともいわれてて、においに関してはとても敏感。わずかなにおいの違いで、食べる食べないが変わってきます。

猫を飼っている方ならご存じのように、食べる前に必ずクンクンと、においを嗅いでから食べ始めます。これはにおいで"おいしい"か"おいしくないか"を判断しています。

このことは、食べたときの味よりもにおいで食いつきが決まると言え、人間にとって少し強いにおいでも、猫にとってはいいにおいと言えるでしょう。

原材料の細かい種類や配合量を公表しているのは自信の表れ

一部のキャットフードの原材料欄に「生〇〇50%」と書かれていたりします。

これは使用している原材料に自信がなければ書けないことで、「生じゃないし…、アピールしたくないなぁ」と思えば、公表したくないのが通常でしょう。

もちろんうその表示は無い前提ですが、原材料の状態が公表されていることは、より安全性が高いと判断できます。

丸呑みや早食いなどの愛猫の個性も理解するとマッチ度がUP

そのほかにもグレインフリーや無添加などのキーワードもありますが、忘れてはならないのが「愛猫に合っているか」という視点です。

一般的によく言われている「穀物不使用」や「人口添加物が不使用」なども、もちろん一つの要素ですが、どんなに良いキャットフードでも愛猫に合っていなければ、何の意味もありません。

まずは愛猫のことを理解して、モグニャンが合っているかをよく確認するようにしましょう。

丸呑みや早食いが癖の場合は、小粒のフードが向いている

丸呑みや早食いが癖で、食後によく吐いてしまう猫ちゃんには、小粒タイプのフードが向いています。

小粒タイプであれば詰まる心配も減り、胃の中での消化スピードも速まることに期待でき、吐き戻しの回数の軽減にもつながるでしょう。

ただ中には大きめの粒が好きな猫ちゃんもいるので、要は「愛猫の個性」を理解して、愛猫に合ったフードを選択してあげることが大切です。

愛猫のことをよく観察して、癖に合ったフードを選んであげるようにしましょう。

まだまだあるモグニャンの魅力!余すことなく徹底紹介

モグニャンには、知られていない魅力がまだまだ沢山あります。

ここではそんな知られていない魅力について、一緒に見ていきましょう。

水分量5%以下でカリカリ食感を実現

モグニャンはあえて水分量を少なくすることで、カリカリ食感を実現しています。

通常のフードは水分量が8%~11%程度が多くなっています。300種類の平均水分量も9.4%となっていることから、5%という水分量のモグニャンは規格外と言えます。

もちろん猫の好みによって、食べる食べないは変わってくるので一概には言えませんが、固めが好きな猫であれば、おいしく食べてくれるでしょう。

香料が不使用なのにあふれだす香ばしい香り

後述してある口コミにもありますが、モグニャンは少し強めの魚介系のにおいが特徴です。

このにおいの出どころは、香料が不使用のため香料によるものではなく、素材によるもの。白身魚を始めとする良質な原材料が合わさって、猫にとって香ばしい香りを実現しています。

たわら型の小粒でまだ噛めない子猫でも吐きづらい

おおよそ直径8mm 厚さ6mmの小粒に設計されていて、歯が発達していない子猫や、歯の弱ったシニア猫でも食べやすいように配慮されています。

モグニャンの粒の様子

丸呑みしてしまう場合でも、吐き戻しを軽減するためにあえて小粒のキブルを採用しています。

公式サイトで詳細を調べよう

良いところだけじゃない⁉ NFE とタンパク質、脂肪量によって変わる猫への影響

良いところがあるどんな商品にしろ、必ず苦手とする部分もあるものです。もちろんモグニャンも例外ではありません。

苦手とする部分であっても、正しい対処法を知っていればそれほど気にしなくても、対応することができます。何となく怪しむのではなく、正しく理解し対応していきましょう。

① NFE(炭水化物)の量が40%以上は消化機能の低下の可能性

NFE(炭水化物)の量が40%を超える場合は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸等)や高血糖になることがあるという、研究結果が報告されています(Meyer&Kienzle1991)。

※NFEとは可溶無窒素物のことで、全体の成分値から粗たん白質、粗脂肪、粗繊維、粗灰分、水分量を引いたものを言い、ほぼ炭水化物=NFEとなる。モグニャンではNFEと表記してある。

ただ必ず起きるということであれば摂取制限がされているはずで、すぐに危険ということではないでしょう。またそれ以降の研究結果が報告されていないことからも、緊急性はあまりないとも言えます。

② 高タンパクのフードは尿量の増加につながる

高タンパクのフードを食べると、尿量が増加するという研究結果(高タンパク給与時の影響)が報告されています。

簡単にまとめると、体内で尿量が増加すると結石の要因と成分の濃度が薄まり、結果として結石リスクの低減につながるということです。

また高タンパク質のキャットフードの摂取すると、血中尿素が増加し血漿浸透圧が上昇するため、飲水量と尿量が増加すると考えられています。

詳しく⇒ランキングの評価基準(タンパク質)

モグニャンは高タンパクとは言えないのでこれには当てはまりませんが、その分ヘルシーな仕上がりとなっているので、肥満気味や室内飼いの運動量が少ない猫には向いていると言えます。

③ 高脂肪のフードはウンチ量が減り、尿量の増加につながる

高脂肪のフードを食べ続けると、ウンチの量が減り、尿量の増加につながるという研究結果(尿石症と脂肪について)が報告されています。

この理由は、猫は長期的に見るとエネルギー摂取量を一定に保つとされていて、一定に保つということは高エネルギーである高脂肪のキャットフードを摂取すると、食べる量は減る傾向にあり、うんちの量が減ってきます。

するとうんちと一緒に排出される水分量が減り、尿へとシフトされ尿量が増加します。

モグニャンにはこのような効果は期待できませんが、しっかりと水分を補給できるように複数の水飲み場を用意して、いつでも水を飲める環境を作ってあげるようにしましょう。

また水をあまり飲まない猫の場合は、「チュール水」と言われる水にチュールを少し混ぜる方法も有効です。

水に大好きなチュールの風味がついていると、喜んで飲んでくれる場合もあります。与えすぎには注意が必要ですが、水を飲んでくれないと悩んでいる場合は、試してみてはいかがでしょうか。

オメガ脂肪酸の理想量は オメガ6 >オメガ3 ? オメガ6< オメガ3 ?

オメガ脂肪酸に関しては、確定的な研究結果は報告されていません。

過去に海外のメーカーから「オメガ6 >オメガ3」が良いという発表があったことから、一般的にはオメガ6 >オメガ3が良いと言われていることが多いです。

しかしどちらの成分も猫にとって重要な成分であることから、バランスよく摂取することが望ましいです。

モグニャンに関しては魚介類に豊富に含まれているオメガ3脂肪酸が多くなっていますが、だからと言って悪影響があるとは言えないので誤解しないようにしましょう。

当サイトのランキングでは一般的な基準に合わせてあります。

購入できるのはAmazonと公式、最安値は公式サイト

モグニャンを購入できるのはAmazonと公式サイトです。

それ以外のショップでの購入は転売商品の可能性も有るため、注意をするようにしてください。もし公式サイト以外で購入する場合は、販売元がレティシアンであることを確認するようにしましょう。

項目公式Amazon
通常5,038円5,918円
定期1個 10%引き
4,534円

2個 15%引き
8,564円

5個 20%引き
20,150円
送料880円
3個以上で無料
410円
(場合による)

一番お得に購入できるのは、公式サイトの定期便になります。単品購入でも公式サイトが一番安いので、モグニャンをお得に購入したい場合は基本的には公式サイトでの購入がおすすめです。

公式サイトで詳細を調べよう

300種類以上を成分で徹底比較したおすすめランキングはここから↓

【300種類を徹底比較】おすすめキャットフードランキング|安全な猫の餌は?をチェックしよう!

おすすめNo.1

「カナガン」

カナガンキャットフードチキン

\食いつき100%/

口コミを見る

公式サイト

おすすめNo.2

「グランツ」

\500gで風味○/

口コミを見る

公式サイト

おすすめNo.3

「アランズ」

アランズナチュラルキャットフード

\自然派レシピ/

口コミを見る

公式サイト

成分で比較!おすすめキャットフードランキング
【成分を独自比較】安全で本当に良いキャットフードランキング【300種超】

続きを見る